HOME > コーティング

コーティングの流れ

ピストン到着後、スタッフにより検査をさせていただきます。
ピストン素材がどのような状態なのか確認致します。
もしコーティングに支障等がある場合は直ぐにご連絡させていただきますのでご安心下さい。

ショットブラスト処理を推奨しております。
コーティングを施す“スカート”にブラスト処理を施します。
素地をあらす事によりコーティングの密着性を高めます。

お客様のご希望のコーティング材をコーティング(塗布)します。
弊社ではスプレーにてコーティングしております。
コーティング膜厚10μm程度をお勧めしておりますが
ご希望の膜厚がございましたら遠慮なくスタッフにご相談下さい。

焼成して塗膜を硬化させます。
弊社ノウハウによりピストンを焼成致します。
焼成後のピストンを再度検査して完了です。
丁寧に梱包して発送致します。



このページのトップへ