HOME > 研究・開発にかける想い

当たって砕けろの精神

私たちの手元に届く部品で全く同じものはまずありません。形状、使う用途など様々なので、正直、初めてやることで、どうなるか分からない事だらけです。
だからこそ私たちは、「当たって砕けろの精神」を大切にしています。

加えて、研究・開発を行う上で私たちが大切にすることは「情報の共有化」です。
よく、専門用語を並べて話をされる方がいらっしゃいますが、社内でも全員が理解しないと何の意味もありません。
私たちは全員がその話を理解し、その上でこういう風にしたほうが良いんじゃないかと意見を出せる環境をつくるようにしています。

何が悪かったのかその原因を見つけ、全員に共有し次に活かすという事が私たちのスタイルです。

発明家として有名なエジソンの話にもある、「私は実験において 失敗など一度たりともしていない。これでは電球は光らないという発見を今までに、2万回してきただけだ。」ではありませんが、私たちも失敗というものは無いと思っております。
全ては品質にこだわった製品を作るために必要な事なのです。

「まずはやってみよう!やらなきゃ始まらない!」は私たちの合言葉です。

頭で考えても、実際やってみると全然うまくいかない事なんて日常茶飯事です。
これからも、とにかくやって、みんなで話し合う。それを繰り返し、限られた時間の中で知恵を出し合っていきます。





製品・技術について






このページのトップへ