HOME > よくある質問

ピストンリングへのコーティングは可能でしょうか?

現在、弊社ではピストンリングに対応するコーティング材料がありませんのでコーティングはできません。


ピストン内側へのコーティングは可能でしょうか?

問題なく可能です。(別途お見積もりとさせて頂きます)


中古ピストンへのコーティングは可能でしょうか?

問題なく可能です。絶版車(旧車)のメーカー部品供給が無くなってしまったユーザー様からも多数ご利用いただいております。


ピストントップランドへのコーティングは可能でしょうか?

問題なく可能です。(別途お見積もりとさせて頂きます)


ピストンリング溝へのコーティングは可能でしょうか?

ピストンリングのクリアランスが無くなるとピストンリングの動きが悪くなり、エンジンの焼き付きの原因にもなりかねませんので、お受け致しておりません。


DLC加工処理、WPC加工処理、モリブデンショット加工処理は可能でしょうか?

弊社では取り扱いがございません。


スクリーン印刷コーティングされているピストンにコーティングすることは可能でしょうか?

問題なく可能です。
現在コーティングされている塗膜を溶剤で剥離後、改めてコーティングしますので問題ありません。


コーティング膜厚はどのくらいでしょうか?

弊社標準膜厚は10±2μm(ピストン径で16~24μm)で作業しております。
お客様のご要望により、膜厚の上限は20±2μm(ピストン径で36~44μm)まで対応致します。
標準膜厚以外の寸法指定に関しましては別途お見積もりとさせていただきます。


ピストンの大きさにより、金額の変動はありますか?

φ90までのピストンに関しましては定額料金、一律¥3,000/個で作業させていただいております。 これ以上の大きさに関しては別途お見積もりとさせていただきます。


ピストンにピストンリングが装着されたままの状態で発送しても良いでしょうか?

弊社ではピストンリング、サークリップなど付属部品を外す工具などがございません。
お客様の大切な部品にキズを付ける訳にはいきませんので、ピストン単体で発送して頂けますようにお願いいたします。


ピストン天面に耐熱性及び防汚のためのコーティングをすることは可能でしょうか?

弊社では対応するコーティング材料がございませんのでコーティングはできません。


ピストンコーティングの際、特殊な柄などの対応は可能でしょうか?

現在のところ対応しておりません。




このページのトップへ